メニュー

Studio

2014年度秋学期Fラボ3:エネルギースマートなイノベーション都市“仙台の明日”を考える

エネルギースマートなイノベーション都市“仙台の明日”を考える

担当教員
石田壽一(東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻 教授)
ゲスト講師
小森繁 (東北大学公共政策大学院 教授)
新谷義男(NTT ファシリティーズ スマートビジネス部 農業ビジネス推進室)
上岡裕 (NPO 法人エコロジーオンライン理事長)
小林幸司(公益財団法人 みやぎ・環境とくらし・ネットワーク⦅MELON⦆)
担当助手
藤山真美子(東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻 助手)
鎌田恵子 (東北大学大学院工学研究科 技術職員)

【概要】

Future ラボ03 では、スマート・エコロジカルな視点で都市・建築・環境と日々の生活の接点を捉え、新たな価値創造や社会的貢献を通じた都市におけるイノベーションデザインの在り方を検討する。再生可能エネルギーの有効利用を前提としたエネルギースマートなイノベーション都市“仙台”の可能性について、省エネ技術・再エネ教育・グリーン経済・情報発信型キャンパス・メディアなど、複層的なトピックに関わるキーワードを軸にハード・ソフト両面から考える。

【成果物】

主目的と場所の関係が機能的な視点で位置づけられている都市生活の中で、実際に起きているリアルなアクティビティのポテンシャルは副次的な同時性=「ながら」にあるのではないかとの仮説に立ち、人と場のありかたについて検討を行った。
図は、「経済なき道徳は戯言であり、道徳なき経済は犯罪である」との格言を残し、薪を運びながら勉学に励んだ二宮尊徳を『元祖ながら族』と位置づけ、同時性=「ながら」の可能性をまとめたものである。

このような考察のもと、エネルギースマートなイノベーション都市『仙台の明日』を提案する上で、都市中心部の貴重な緑地を形成している農学部雨宮キャンパスをフィールドターゲットとした。雨宮キャンパスの敷地は伊達政宗による江戸期の仙台藩城下町の生活を支えた四谷用水が敷地に沿って流れる由緒ある地域であり、市内の大規模開発のホットスポットとしても注目を集めているサイトである。

  • Flab
  • Flab

「2014年度秋学期Fラボ3:エネルギースマートなイノベーション都市“仙台の明日”を考える」活動内容一覧

-2014.07.30-
  • 2014-07-22 19.16.23
  • Fラボ03 #4
  • 2014年7月22日(火)、Futureラボ03第四回目講義を実施しました。 …
-2014.07.16-
  • 2014-07-09 19.45.39
  • Futureラボ03 #3
  • 2014年7月09日(水)、Futureラボ03第三回目講義を実施しました。 最初に…
-2014.07.02-
  • Futureラボ03 #2
  • 2014年6月26日(木)、Futureラボ03第二回目講義を実施しました。 小森先…
-2014.06.25-
  • IMG_3607_k
  • Futureラボ03 #1
  • 2014年6月11日(水)、Futureラボ03第一回目講義を実施しました。 今期F…
メニュー