メニュー

Archive

シラバス:2012秋PBLスタジオ5国際軸

2012.11.02

2012年度秋学期PBLスタジオ5国際軸

●テーマ:
Unveiled Network

●講師:
石田壽一 (東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻教授)
小野田泰明(東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻教授)
本江正茂 (東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻准教授)
土岐文乃 (東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻助教)
中田千彦 (宮城大学事業構想学部デザイン情報学科准教授)
福屋粧子 (東北工業大学工学部建築学科専任講師)

●担当助手:
斧澤未知子(SSD研究員)

●趣旨:
このスタジオでは、地域の問題をグローバルな視点から捉えるとともに、文化的・思想的背景の異なる他者との協働の中で建築提案のプロジェクトワークを進める。東北大学大学院都市・建築学専攻が、モンペリエ(仏)、メルボルン(豪)の建築系大学と共同で、毎年、世界各地の異なる地域を取り上げ、現地に渡航して多国籍なプロジェクトチームで取り組む「国際建築ワークショップ/WAW」と連携して行う。

今期は仙台がホスト国となり、仙台市営地下鉄東西線による地域のネットワーク化をテーマに、時間距離の短縮と都市機能の再編成を見据え、沿線エリアの将来像を提案する。 海外の大学との共同スタジオのため、英語で実施する。

スタジオ活動は主に下記のことがらからなる。
・フィールドワーク:実際に課題の対象エリアを歩いて調査し、問題を発見する。
・レクチャ:課題に関わるいくつかのテーマについて専門家の話を聞き、学ぶ。
・マスタープランの提案:グループで討議しながら地下鉄東西線沿線のマスタープランを提案する。
・建築プロジェクトの提案:マスタープランをもっともよく表す建築プロジェクトを提案する。
・プレゼンテーション:提案内容をパネル・パワーポイントにまとめ、展示・プレゼンする。

●修了要件:
スタジオ期間は全日参加すること。ワークショップに参加するメンバーと積極的にコミュニケーションし、常に議論をしながら作業に取り組むこと。

●スケジュール:
11/26 (月) オリエンテーション、自国での課題成果発表、グループ分け    
11/27 (火) 敷地見学 
11/28 (水) – 11/30 (金) 課題前半(グループ討議、マスタープラン)
12/01 (土) 中間講評会
12/02 (日) 被災地見学
12/03 (月) – 12/06 (木) 課題後半(個人、建築プロジェクト)
12/07 (金) 最終講評会、展示
12/08 (土) WAW10周年記念イベント

メニュー