メニュー

Archive

PBL4コミュニケーション軸 #3:エスキス

2012.06.11

2012年6月7日(木)、PBLスタジオ4コミュニケーション軸の第3回講義「エスキス1」を実施しました。


グループごとに提案の素案を発表し、それに対して講師がコメントをします。またグループ同士でアイデアを共有し、問題の広がりを理解してお互いにディスカッションができる基礎とします。

Aグループは「推薦システム」によってマッチング情報を立体化するという提案。例えば被災地ボランティアの「できますゼッケン」のような、場所やシーンに応じた情報のデザインが課題です。

Bグループは「サボる」をポジティブに捉え直そうという提案。3月11日を「仙台の休日」にする、サボりマップをつくる、などに展開できそうです。パタゴニアのインターンシップ・プログラムなど、実際に取り入れている事例などもあります。

Cグループは自転車に注目し活用することで空き物件のネットワークとさまざまなモノのシェアを促すサービスを提案。実際に自転車に乗って生活してみる、空き物件の現状を調べてみる、などコンセプトを裏付ける調査や観察が課題でしょう。

1)講義内容について
日時:2012年6月7日(木)18:30-21:30
会場:仮設校舎プロジェクト室2
内容:エスキス
講師:本江正茂

2)連絡事項
・日程変更:7/20(金)→7/19(木)
・オフィスアワー#1:6/14(木)18:30-21:30

3)ハンドアウト
2012S_PBL4_3.pdf(PDF:412KB)

4)次回講義について
日時:6月23日(土)18:30-21:30
内容:エスキス
会場:仮設校舎プロジェクト室1
講師:本江正茂、中西泰人

メニュー