メニュー

Archive

告知:オープンレクチャ 講師=石川初 12/9(金)18:30

2011.12.06

コミュニケーション軸では、ランドスケープアーキテクトの石川初さんをお招きし、下記日程でオープンレクチャを開催します。一般公開ですので、お誘い合わせの上、ぜひお越し下さい。

石川さんはランドスケープアーキテクトであり、かつGPSで地上絵を描く「地上絵師」を自称されています。東京ナス化計画、日本荒れ地学会、東京スリバチ学会、などのさまざまな活動を通して、環境から新しい意味を取り出す構えについてお話を伺います。

==============================
SSD2011秋コミュニケーション軸オープンレクチャ

「環境から意味を取り出す構え(仮)」
講師:石川初(株式会社ランドスケープデザイン)

日時:12月9日(金)18:30-20:00
会場:片平キャンパス建築学専攻仮設校舎(仙台市青葉区片平2-1-1通研2号館そば)
一般公開
==============================

講師略歴:
石川初(いしかわはじめ)
1964年京都生まれ。東京農業大学農学部造園学科卒業。鹿島建設株式会社建築設計本部、アメリカHOK社プランニンググループ研修派遣、などを経て2000年より株式会社ランドスケープデザイン設計部勤務。専門は造園設計。登録ランドスケープアーキテクト(RLA)。早稲田大学、千葉大学非常勤講師。GPS(全地球即位システム)の軌跡をもとに地図上に絵を描く「地上絵師」。東京スリバチ学会副会長。著書に『ランドスケープ批評宣言』(共編著)、『ドボクサミット』(共著)など。


クリックして拡大

会場である建築学専攻仮設校舎はこちら

大きな地図で見る

参考:仮設校舎までのアクセスについて
http://sendaischoolofdesign.jp/archives/4769

メニュー