メニュー

Archive

シラバス:2011秋PBL4コミュニケーション軸

2011.11.07

テーマ:モニュメントとアーカイブ

講師:
本江正茂(東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻 准教授)
中西泰人(慶応義塾大学環境情報学部 准教授)

ゲスト講師:
石川初(株式会社ランドスケープデザイン)

担当研究員:
阿部篤(せんだいスクール・オブ・デザイン 研究員)

趣旨:
建造環境と情報環境のハイブリッド・デザインを通じて、人間のコミュニケーション能力を拡張し、人間−環境系における様々な情報のやりとりを滑らかにするようなシステムを構築する。今期は「モニュメントとアーカイブ」をテーマとし、コミュニティの記憶装置の役割と活用方法を考える。

課題:
東日本大震災は私たちに多くの「忘れるべきでないこと」を提示した。しかし私たちはいつか必ず忘れてしまう。そこでこのスタジオでは震災を未来に伝える環境情報システムを構想して欲しい。ただし10年/100年/1000年といった複数の時間のスケールを想定すること。
まずリサーチによってモニュメントとアーカイブの現状を把握する。次いで環境から意味を取り出す構えや、情報を集め伝える活動の現状について議論する。最終的には、東日本大震災を伝える環境情報システムを構想し、適切な表現手法によって提案をしてもらう。
「誰に」「なにを」「いかに」残すかをラディカルに問い、時を越えるコミュニケーションをデザインせよ。

スケジュール:
1. 11/11 (金) 18:30-21:00 課題説明、自己紹介、ディスカッション
2. 11/24 (木) 18:30-21:00 エスキス
3. 12/09 (金) 18:30-21:00 石川初レクチャ、リサーチ発表1
4. 12/22 (木) 18:30-21:00 エスキス
5. 01/13 (金) 18:30-21:00 マイクロシンポジウム(講師未定)
6. 01/14 (土) 10:00-12:30 リサーチ発表2
7. 02/03 (金) 18:30-21:00 エスキス
8. 02/24 (金) 学内講評会

場所:未定

参考文献:

備考:

メニュー