メニュー

Archive

PBL4コミュニケーション軸#5:中間発表

2012.12.25

2012年12月21日(金)PBLスタジオ4コミュニケーション軸の第5回講義を実施しました。



中間発表として、テーマである「時間多様性=Chronodiversityのデザイン」に対する現時点での提案のアイデアをグループごとに発表し、それに対して講師からのコメントを得つつ、メンバー全員で議論します。

Aグループは、テーマコミュニティむけの随時参加退室型食事会のイベントフォーマットを提案しました。「クラヤミ食堂」「東京ピクニッククラブ」などの事例が議論され、一般化して汎用性を与えることと、あるスタイルを提案する場合のアウトカムの形が課題とされました。

Bグループは、時の重さを視覚化するプロダクト案と、他人の時間の使い方を共有するワークショッププログラム案を提案しました。デザインの対象を拡大するためにも、時間そのものに直接アプローチするより、その経過の痕跡を示すような何かから迂回的にアプローチするようにアドバイスがされました。

Cグループは「3分間」のさまざまな事例を通して個人的な時間感覚の違いに迫るという案を提案しました。着眼点はいいので、考えを深めるためにアイデアをたくさん出さすようにアドバイスがされました。また1タスク25分に区切る「ポモドーロ・テクニック」などが紹介されました。

次回は成果物制作の進捗状況について、アウトプットのイメージやプロトタイプなどを発表してもらいます。どのようなアイデアも試作して実験してみないと最終的な善し悪しの判断はできないものです。トライアンドエラーを重ねて来てもらえることを期待します。

1)講義について
日時:2012年12月21日(金)18:30-21:30
会場:仮設校舎プロジェクト室2
講師:本江正茂、中西泰人
内容:中間発表

2)配付資料
PDF(403KB)

3)次回講義について
日時:2013年1月15日(火)18:30-21:30 【←シラバスから変更】
会場:仮設校舎プロジェクト室2
講師:本江正茂、中西泰人
内容:エスキス2

メニュー