メニュー

Archive

PBL1メディア軸#3:住友文彦レクチャ/編集会議#3

2012.11.30

2012年11月29日(木)PBLスタジオ1メディア軸の第三回目講義を実施しました。


【日程】11月29日(木)
【時間】19:00 − 22:00
【場所】SSDプロジェクトルーム1
【資料】
 −レジュメ
 −宿題提出資料
 −鉄塔原稿(見本)
 −レクチャ文字起こし文
 −構成案#1
【内容】
<住友文彦レクチャ>
<編集会議#3>
 ・レクチャー文字起こし担当決め
 ・宿題発表
 ・構成案#1
 ・フィールドワーク|スローウォーク詳細決定
 ・装幀案報告
 ・「螺旋海岸」レビューの締切確認

【以下内容詳細】

<住友文彦レクチャ>
数々の美術館勤務を経て地方にアートの場を作り出すお仕事を多く成しておられるキュレーターの住友文彦氏に、ヨコハマ国際映像祭、別府現代芸術フェスティバル2012「混浴温泉世界」、前橋市の新美術館準備室についてのレクチャーをしていただいた。
このレクチャーの内容は今学期成果物「S-meme五号」に収録される。

<編集会議#3>
・レクチャー文字起こし担当決め
今回のレクチャーの文字起こしの担当を決めた。

・宿題発表
S-memeのコンテンツである「文化時評」のネタの発表が宿題として出ていた。第二回の編集会議でカテゴリ分けされないネタ出しはされていたので、追加がある人だけ発表を行なった。

・構成案#1
第二回の編集会議で提出されたネタを元にスタジオマスターである五十嵐先生が作成した構成案#1を確認。この中には第二回編集会議で提出されたもの以外のネタも含まれており、その解説も行なった。また、上記の宿題発表で提出されたネタについても収まりどころを確認した。

・フィールドワーク|スローウォーク詳細決定
第二回編集会議のネタ発表で受講生より提案された「スローウォークのすすめ」を今回のフィールドワークとして据えることにし、日程、時間等の詳細を決めた。参加についてはメールで確認をとり希望者を確定する。次回までに「スローウォーク」をどのように記録しS-memeに収録するかについての案を練ることとなった。

・装幀案報告
24日(土)に受講生装幀班で集合し話し合った装幀案についての報告が行われた。

・「螺旋海岸」レビューの締切確認
次回12月6日(木)の講義でせんだいメディアテーク学芸員の清水建人氏に、小課題「『螺旋海岸』展レビュー」を講評してもらうため、清水氏が事前に目を通せるように12月3日(月)午前10時をレビューの締切とすることを確認した。

□次回講義
【日程】12月6日(木)
【時間】19:00 – 22:00
【場所】SSDプロジェクトルーム1
【内容】「螺旋海岸」展レビューの講評/編集会議#4

メニュー