メニュー

Archive

[PBL4コミュニケーション軸]中間講評会

2012.02.15

2012年2月3日(金)、PBL4コミュニケーション軸最終課題「モニュメントとアーカイブ」の中間講評会を実施し、4チームの進捗発表と、内容および表現について、中西と本江でエスキスを行ないました。



カルタ案のチームには、枠組みの面白さに安住せず具体的に内容を作り込む中で現れるトーンを意識するよう、指導がなされました。

計画停電案のチームは議論が抽象的な水準にとどまっていたことから、中西先生より、計画停電の実際の経験について触れ、より即物的な展開が必要であるという指導をいただきました。

祭り案については、議論が発散しており、時間をかけた議論が必要であることから、翌4日午前にあらためてエスキスの時間をとることとなりました。

プロジェクションマッピング案については、やはり具体的なコンテンツまで作り込むことが必須である点が指導されました。

翌日、2月4日10:00-12:30(土)、祭り案のチームに対し、中西先生、本江先生による、エスキスが行われました。

現状の祭り案の持つ、全体的な既視感と焦点の曖昧さは、観光客として祭りを消費する視点から組み立てられた、通常の集客イベントと同じ構えに起因しているので、より切実な被災当事者としての視点、ならびに第一、第二課題のプロセスで検討してきたモニュメントとアーカイブの構造に関する視点を組み込んで、再検討すべきとの指導がなされました。

1)講義の内容について
日時:2012年2月3日(金)18:30-22:00
会場:都市建築学専攻仮設校舎ギャラリートンチク
内容:最終課題中間講評会
講師:本江正茂+中西泰人

日時:2012年2月4日(土)10:00-12:30
会場:都市建築学専攻仮設校舎ギャラリートンチク
内容:最終課題エスキス
講師:本江正茂+中西泰人

2)次回の予定
日時:2012年2月24日(金)18:30-22:30
会場:都市建築学専攻仮設校舎
内容:2012秋SSD学内講評会
講師:全スタジオ講師

メニュー