メニュー

Archive

第3回国連防災世界会議のロゴマークにSSD修了生、佐藤悠さんの作品が選定されました。

2013.12.13

2015年3月14日(土)~3月18日(水)に仙台にて開催される「第3回国連防災世界会議」の公式ロゴマークに、SSD修了生の佐藤悠さんの作品が選定されました。本ロゴマークは、今後、「第3回国連防災世界会議」の公式資料や関連するさまざまな広報物などに使用されます。

参考記事URL http://www.unisdr.org/archive/35841

|ロゴデザインコンセプト|
災害に対して強靭(レジリエント)な社会に向けて、人々が共に手を携えて行動を起こすイメージを表しています。また、ロゴに使用されている5つの色は、2005年以来、災害リスク軽減に向けたグローバルな取り組みにおいて中心的な役割を果たしてきた「兵庫行動枠組2005-2015(HFA)」の5つの優先行動を表しています。

|デザイナー:佐藤 悠(さとう・ゆう)氏のご紹介|
仙台市在住のグラフィックデザイナー。SSD2011年度春学期発展コース修了生。
主にグラフィックデザインやアートディレクションなどの活動をされており、東日本大震災の啓蒙ツールである「シンサイカルタ」のロゴ・パッケージデザインへの協力や、地域企業のロゴや販促ツールの制作を数多く手がけられています。
せんだいスクール・オブ・デザインでは、2013年10月に実施した「SSDe あいちトリエンナーレ分校」のリーフレット及び受講証の制作をご担当頂きました。

メニュー