メニュー

Archive

お知らせ:SSD Interactiveレクチャー#1 講師=小山泰介

2013.12.02

SSD2013年度秋学期科目として、SSDハウスレクチャー(※)を開催します。12月5日(木)19時からは写真家の小山泰介氏をお招きし、「COLLECTED PHENOMENA / 小山泰介の写真」をテーマにお話し頂きます。

仙台市卸町の阿部仁史アトリエにて一般公開にて開催しますのでお誘い合わせの上ご参加ください。

※SSD2013年度秋学期必修科目「Interactiveレクチャ」は全3回開催されるSSDハウスレクチャーのうち、2回以上の出席を修了要件とします。

今期のInteractiveレクチャのシリーズでは、写真の分野に関わる三人をゲストにお招きします。二名の写真家と一名のキュレーターに、それぞれの立場から写真表現の現在について語っていただきます。

一人目の小山泰介氏は、都市におけるモノの表面を超高解像度で撮影し、肉眼では見えない細部がもつ驚くべき世界をあらわにします。主な展覧会として、虹のイメージが自然現象によって溶解していくシリーズの「Melting Rainbows / Starry」(2010年)など。また、瀬戸内国際芸術祭2013では醤油倉庫レジデンスプロジェクトに参加し、醤油の結晶を撮影しました。主な写真集に、抽象と具象の裂け目に世界が生起するかのような「entropix」(2008年)などがあります。

この科目ではレクチャーと、受講者による長時間のインタラクティブな質疑応答によって、言葉によってデザインを論じることを学びます。



SSDハウスレクチャー#1「COLLECTED PHENOMENA / 小山泰介の写真」

講師:小山泰介(写真家)
日時:12月5日(木) 19:00-22:00(開場18:30)
会場:阿部仁史アトリエ(仙台市若林区卸町3-3-16)
コーディネーター:五十嵐太郎(東北大学大学院都市・建築学専攻教授)
ファシリテーター:佃悠、土岐文乃(東北大学大学院都市・建築学専攻助教)
一般公開(ドリンク代:500円)
お問合せ:022-217-6355(SSD事務局)
申込み方法:エントリーフォームよりお申し込み下さい。
http://sendaischoolofdesign.jp/entry/2013at_olec

講師略歴:
小山泰介(こやま・たいすけ)/写真家
1978年生まれ。生物学や自然環境等について学んだ後、写真家となる。都市を拡張した自然環境としてとらえ、人間の活動と自然現象の相互作用によって発生する事象にクローズアップした作品を制作している。主な展示に『瀬戸内国際芸術祭2013』、『テグフォトビエンナーレ 2012 Photography is Magic!』の他、個展・グループ展多数。主な写真集に『DOTS, FUNGUS, CRYSTALS & MOONLIGHT』、『Melting Rainbows』、『entropix』、近著に『月刊たくさんのふしぎ2013年7月号 街は生きている』がある。2009年オランダの現代写真雑誌「FOAM Magazine」新人特集号に選抜され、2012年には「第15回文化庁メディア芸術祭審査員会推薦作品」を受賞。
http://www.tiskkym.com/

※お車バイクでご来場の方は、仙台卸商センター共同配送センター脇の臨時駐車場をご利用ください。指定の場所以外の駐車はご遠慮ください。飲酒運転・未成年の飲酒は法律により禁止されています。
臨時駐車場案内図


〒980-8577
仙台市青葉区片平2-1-1電気通信研究所
東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻内
tel: 022-217-6355
email: info@sendaischoolofdesign.jp
web: http://sendaischolofdesign.jp

メニュー